お手軽 コンビニATMでローン返済

総返済負担率とは

総返済負担率とは、収入に閉める様々なローンの返済額の割合のことをさします。フラット35というローンの種類でみると、年収が300万円未満の場合は25%、年収が300万円以上満で、400万円未満の場合は30%、年収が400万円以上満で、700万円未満の場合は35%、年収が700万円以上だと、40%になります。民間融資の場合は、年収に対しての返還返済額の割合については、各々の金融機関が独自に定めています。

住宅金融支援機構融資などでは、月額返済額の約4倍、かそれ以上の月収があることというのが、収入についての基準の原則になっているようです。年収に対して、年間トータルの返済額が、多すぎて負担にならないように、必要月収のほかにも総返済負担率を定めて審査しています。

融資可能額を出すときにどういう点に注意したらよいかというと、サラリーマンの場合は、税込みの年収を基準にして、自営業者であれば、収入から必要経費を引いた所得金額をもとに融資可能額を算出していきます。気をつけなければいけないのは、ローン返済は、税金や社会保険料を支払ったあとの、手元にある手取りから支払いを行うということです。転職などを行った場合の計算は、源泉徴収票などを元に計算したり、給与明細書の支給額などを元に計算していきます。

低金利銀行カードローン


Copyright (C) お手軽 コンビニATMでローン返済 All Rights Reserved.